当て逃げとは、被害者の車両に加害者の車両が接触する物損事故を起こし、加害者が逃走することです。この場合、加害者の特定が非常に困難と
なり、被害者が泣き寝入りをせざるをえなくなることもしばしばです。人身事故の場合はひき逃げとなります。

警察を呼び事故証明を得る

乗車中に当て逃げの被害に遭った場合は、警察を呼ぶ方が多いのではないかとは思いますが、駐車場に自動車を停車していて、戻ってきたら車両に損傷があるパターンの当て逃げもあります。

このような場合、自動車の損傷があまりにもひどいようであれば、警察を呼ぶかと思いますが、軽度の場合は、警察に連絡せずに自費で修理をすることも多いのではないかと思います。

当て逃げの被害に遭ったら、必ず警察を呼び、事故証明書を得るようにしましょう。事故証明書がないと、自動車の損傷を修理する場合、保険を適用することができなくなります。

ナンバーをしっかり確認する


乗車中の当て逃げの場合ですが、ぶつけられた時にまず是が非でも確認しておきたいことは加害車両のナンバーです。停まってくれるだろうと思っていたら、そのまま逃走されてしまったということも多々してあります。

もしも加害車両に接触されたら、必ず相手のナンバーを確認しましょう。そして、紙とペンがあればメモ書きをする、紙とペンがない場合は携帯電話やスマートフォンのメモ機能を活用しましょう。

防犯カメラの映像や目撃情報を収集する


自分が加害車の情報が分からなくても、周囲で目撃していた人がいるかもしれません。当て逃げにあったら目撃者がいないか確認するようにしましょう。

目撃者がいた場合は、連絡先を聞いておくなどして、後日連絡が取れるようにしておきましょう。

また、駐車場で当て逃げに被害に遭遇した場合は、防犯カメラに加害車両が映っている可能性があります。駐車場の所有者などに事情を説明して、承諾を得ることができるようであれば防犯カメラの映像を確認させてもらえますので、検討してみましょう。

まとめ

当て逃げの犯人を見つける可能性はかなり低いです。ひき逃げでの検挙率は非常に高い数字ですが、物損のみの当て逃げの場合、警察はそれほど力を入れて捜査しません。ですので、自分で証拠を収集することがとても大切です。

関連記事

関連記事はありません。

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です