交通事故でケガなどを負った場合、治療などに要した費用は誰が負担するのでしょうか、また、保険会社に請求することのできる治療費の範囲はどこまでなでしょうのか。そういった疑問があると思います。

交通事故における治療費の支払いは誰がするのか

交通事故で通院や入院を余儀なくされた場合、治療費は最終的には加害者側の保険会社などに請求することができますが、病院は診察を受けた被害者に対して請求することになります。

つまり、一旦は被害者本人が治療費を病院に支払うことになります。ただ、病院によっては被害者が申し出ることによって、加害者側の保険会社に請求してくれる場合もあります。ですので、治療費の支払いは加害者側の保険会社に直接請求してほしいと、病院に相談してみるのも良いかと思います。

治療費として加害者側に請求できる範囲


原則として、交通事故が原因で負ったケガの治療費は全額請求できるとされています。加害者から交通事故によって傷害を受けているので、当然といえば当然です。

ただし、あらゆる場合においても治療費を全額請求できるわけではありません。診療・治療費がケガに見合っていないほど治療が過大である「高額診療」の場合や、医学的にみて治療に必要とは言い難い過剰診療などのケースでは、全額の補償が認められない場合があります。

過失分については加害者側に請求できない


被害者側に過失分があった場合は、治療費からその過失割合を計算し、過失分については差し引かれることになります。これを過失相殺と言います。

例えば、治療費が100万円かかった場合で、過失割合は80(加害者)対20(被害者)のケースでは、治療費の100万円からあなたの過失20%(20万円)が引かれて、80万円があなたに戻ってくる計算です。

まとめ

交通事故でケガの治療を行う場合は、保険会社とのやりとりが非常に重要になりますので、軽はずみな言動はせずに、弁護士などと相談しながら、適切な治療費を請求できる環境を整えておくことも大切です。

関連記事

休業損害証明書の覚えておくべきこと

交通事故の被害者になった主婦が受け取ることができる損害賠償

物損事故から人身事故に切り替えて慰謝料を請求する手順

ひき逃げの被害者が適切な補償を受けるための知識

交通事故の被害者が知っておきたい自賠責保険の基礎知識

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です