交通事故の慰謝料請求については弁護士に依頼しようかどうしようか迷っている場合、結論からいうと弁護士に依頼すべきです。弁護士に依頼する最大のメリットは、慰謝料の大幅な増額を見込めることです。

交通事故の被害者が請求できる慰謝料とは

交通事故の被害者が受け取れる慰謝料は傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3つに分類されています。

傷害慰謝料は、事故によって負ったケガの治療のために入院や通院をした場合が支払い対象です。後遺障害慰謝料とは、事故によるケガが原因で後遺障害が残ってしまった場合が支払い対象となります。死亡慰謝料とは、事故の被害者が死亡してしまった場合が支払い対象です。

保険会社との対応にかかる心身の負担を軽減できることも


交通事故の示談交渉を解決するためには、専門的な法律の知識が必要です。示談交渉の相手となる保険会社は、被害者に有利な証拠があると支払うべき慰謝料の金額が多額になることもあり、非協力的になってしまうケースもあります。

被害者は交通事故によって生活や仕事にも支障があるため、できるだけ早く解決したい、その一心で、提示された金額に納得ができなくても示談を成立させてしまうことも多いようです。

慰謝料を増額できる可能性がある


弁護士に示談交渉を依頼することによって、保険会社にとって都合のいい金額ではなく、自身が交通事故で受けた精神的苦痛に対する適正な金額の請求がスムーズになります。

一度、示談が成立してしまうと、同じ損害に対する請求を再度行うことはできなくなりますので、主張すべき点は全て主張しておく必要があります。

専門的な知識がある弁護士に示談交渉を依頼することで、交渉の際に主張すべきことに漏れがなくなり、慰謝料の妥当な増額が行えます。

まとめ

弁護士に示談交渉を依頼するときの費用がきになる方は、自動車保険の保険証書を確認してください。弁護士費用特約が付帯されているようであればそれを活用しましょう。また完全報酬型の弁護士事務所であれば、費用の心配はいりませんが、なんといっても交通事故に強い弁護士に依頼することが大切です。

関連記事

交通事故で保険会社と示談交渉する際に知っておくべき知識

もらい事故の適切な対処法

飲酒事故の被害者になって際に知っておくべき対応方法

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です