もらい事故とは、被害者側に全く責任の無く、一方的に被害を受けた交通事故のことです。交通事故の場合、被害者と加害者との間で損害賠償問題になりますが、もらい事故の場合、被害者に全く非がないため、損害賠償額も大きくなります。

もらい事故は被害者側に非のない交通事故

もらい事故とは被害者側に全く責任の無い事故になります。交通事故の慰謝料を決定にあたり、当事者間での非の割合を明確にするものとして、過失割合というものがあります。

もらい事故の場合、この過失割合が被害者0で加害者10になります。この、被害者の過失割合が0になると、通常の交通事故での若干違う対応必要となります。

もらい事故では弁護士特約を使って弁護士に相談・依頼してみる


もらい事故の場合、被害者が加入している保険会社が示談交渉に出ることができません。被害者自身で示談交渉するか、高額な弁護士費用を支払い弁護士に示談交渉を代行してもらう以外に方法がありませんでした。

ところが、最近の各保険会社では、弁護士特約の付帯をすすめてくる保険会社も増加しています。また実際に弁護士特約を付帯する人、その特約を利用する人も増えてきています。弁護士特約を使用すると、保険会社が弁護士費用を負担してくれます。

もらい事故の場合は、自身が加入している保険会社での弁護士特約が付帯されているかを確認し、付帯されているようであれば迷わず弁護士に示談交渉の代行等を依頼するようにしましょう。

弁護士に依頼するメリット


弁護士に示談交渉を依頼する際に、ネックになるのはやはり高額な弁護士費用です。ですが、自身の保険に弁護士特約が付帯している場合はこれらの心配は必要なくなります。

もらい事故により負傷した場合などは、治療を受けながら加害者側と示談交渉をしなければならず、かなりの負担を強いられます。また、加害者側が任意保険に加入していれば、示談交渉の相手は百戦錬磨の保険会社ということになります。

弁護士に示談交渉を依頼することにより、これらの負担は軽減されるうえに、受け取ることのできる示談金がより高額になります。

まとめ

通販型の自動車保険にもおすすめのプランなどに弁護士特約が付帯されていることがあります。今一度自身が加入している保険証書を確認してみてください。

関連記事

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットとは

交通事故で保険会社と示談交渉する際に知っておくべき知識

飲酒事故の被害者になって際に知っておくべき対応方法

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です