導入文章:飲酒事故とは、運転手が酒を飲んだ状態で自動車を運転し、起こしてしまった交通事故のことです。被害者にとっては非常に迷惑な事故ですが、当然、飲酒運転をした運転手にも罰則が課せられます。

まずは保険会社に連絡

加害者側が任意保険に加入しているのであれば、対人または対物賠償責任保険で補償を可能です。自分にもある程度、過失がある場合は、過失相殺がありますが、可能な限り自分が有利となるような行動をしておく必要はあります。

飲酒運転の過失割合は非常に高いので、飲酒事故当時の状況はなるべく正確に記録しておきましょう。自分に有利な点となると思われることは全て証拠として残すのがベストです。事故当時の写真や、目撃者の証言なども得られるようにしておくなど、のちに示談や裁判になった場合に備えて、落ち着いて対応しましょう。

飲酒事故の被害者になった場合の保険金の支払いについて


飲酒運転による事故の被害者になった場合は、自賠責保険や対人、対物賠償保険が適用されます、被害者はそれらの保険金を受け取ることができます。

その額については自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準によって大きく額が変わります。

自賠責基準は算出方法が明確ですが賠償額は最も少なく、任意保険基準は加害者側の任意保険会社が算出した額となります。弁護士基準は、過去に裁判になった案件の判例を基準に算出され、最も高額な賠償金を得ることができますが、弁護士費用も必要となります。

飲酒事故の加害者が任意保険に加入していない場合


飲酒運転をするような加害者の場合、任意保険に加入していないということは少なくないケースです。

加害者が任意保険に加入していない場合、自賠責保険で対応するしかありませんが、3つの基準の中でもっとも賠償金額が低く、最低限の補償となります。弁護士に相談し、適正な示談金を受け取ることができる、弁護士基準で請求することがおすすめです。

まとめ

飲酒事故の場合、加害者は酩酊状態などにあり記憶も曖昧なため、被害者側で適切な行動をとらないとのちのち揉めることになる可能性があります。飲酒事故の場合は、事故現場においてより適切な行動が被害者にも求められます。

関連記事

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットとは

交通事故で保険会社と示談交渉する際に知っておくべき知識

もらい事故の適切な対処法

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です